ジャズ練習日記    ~へろへろジャズレポはリンクフリーです。~


by ko-charlie-ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

12月27日の練習レポ

サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 今日はいいことがあった。テナーとドラムの先輩が言っていた。「コードで吹く」、「お前ほんとうにブルースが頭で鳴っているのか?」という発言に対する答えらしき物がつかめた気がする。ブルースのアルペジオを昨日の夜、ピアノで引いていた。すると何回も繰り返すうちにコードの響きを覚える。するとその響きを記憶させてプレイすると不思議と何かブルースらしきモノに聞こえてくる、エラーもわかる。それは理論的にあっている音でもだ。この響きを記憶することが、アドリブへの近道なのだと思った。
 また、マイルスの言っていた「コードを転回させろ。」という言葉も結構理解出来た。ルートを変える。C7ならEやGをルートにしてみるとコード構成音は同じなのにサウンドが全然違う。異なる色彩を表現出来る。またこの響きを記憶してプレイすることで多くのことが出来る。
 思うにサックスは単音楽器だ。つまり何か2音吹けばインターバルが発生し、ある響きが生まれる。わかりやすくいうとあらゆるフレーズには細かくあるコードのサウンドを帯びているという認識。どこをルートと考えるか?この「ルート」は各コード内での話だけど。一般的にフレーズの最低音がルートの認識を与える気がするが、例外も多数あるだろう。
 なんとなくロリンズが何をやっていたのかわかる気がする。ベースのラインも同じことが言える。ああ、、眠い。またの機会に。
[PR]
by ko-charlie-ko | 2004-12-27 02:08 | 個人練日記