ジャズ練習日記    ~へろへろジャズレポはリンクフリーです。~


by ko-charlie-ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

へろへろジャズレポ!移転します!
新しいへろへろジャズレポは
こちら

いままでこのサイトを訪れてくださった方々、
今後とも、へろへろジャズレポをよろしくお願いいたします。

管理人*チャーリー*
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-09 10:39
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)
「アート・ミーツ・メディア:知覚の冒険」というイベントが
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で開催されています。
先日、それを見てきました。

芸術は常に技術、科学と共に発達してきた。。。
そんなことは良く言われるけれど、改めて実感した。
考えてみれば、写真が誕生してなかったら、絵画は現在のように発達していなかったように思うし、テレビがなければ、c0010322_913246.jpgJohn Zornの『Spillane』のような作品は生まれなかったと思う。
だからこそ、芸術家は先端の技術、科学に常に興味をいだいてなければいけないのだ。近年のコンピューターの普及は、広大なネット世界を生み出した。
これにより“現実”と“非現実”等の考えを芸術に注入することとなった。

イノセンスなどはいい例!c0010322_9152411.jpg
これは全く、ほんの10数年前にはごく限られた人しか認識できなかった。
芸術がいきづまりをみせている。そんな話を聞いたことがある。
しかし、ボクにしてみれば、技術と科学が進歩していく限り、芸術にもなんらかの進歩が期待できるものと思われる。

そんなことを改めて思ったイベントでした。1枚分のチケットでもう1回入れるそうですよ。ぜひぜひ、行って、見てきて下さい。芸術作品というのは得てして言葉で説明すると、陳家な語彙力の人は説明しきれなく、自分の中で嘘の認識を貯蓄することになるため、ぜひ自分の目で!
「アート・ミーツ・メディア:知覚の冒険」

メディアアートに関するサイトはあまりなかったように思いますが、見てみて下さい。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-07 09:19 | 表現・芸術について思うこと

ゴッホの『ひまわり』

サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

先日、高田馬場からひょんなことで、散歩をし始め、気づくと新宿にいた。
とっさに頭の中で、新宿のデータを検索した結果、ゴッホの『ひまわり』。
たしか、損保ジャパンのビルの美術館に納められているはず。
一度は拝まなければならない、、、そう思っていた。
入場料はなんと300円(大学生)!安い!これで、『ひまわり』が見れるのか?
さて、入ると今は「DOMANI・明日」展2005という企画展をやっていた。
もともとゴッホを見にきたので、別に得に興味はなかったが、一番最初の絵からなかなか興味深い。c0010322_1224791.jpg佐藤杏子さんという方の作品らしい。そのコンセプトは
「何も考えないで、絵は描けるか?」......なるほど興味深い。はたして、何も考えずにソロを吹ききることができるのであろうか?この問題は今後、思考の片隅にとめておくことにしよう。
他にもなかなか面白いものがあり、まあ300円ならいいでしょう。
c0010322_1341421.jpg


常設の東郷青児も実によかった。表情、色合い(特に青の引き込まれるような感触)、等々なかなかいい。

c0010322_136425.jpg




そして、いよいよゴッホと対面!なるほど、やはり不思議な力がある。なぜか?どうしてだろう。なんでか生命力がにじみでている。
だが、ここで隣にいた、“気の強い”女の子がふと面白いことを述べた。確かこんな内容だったはず。

「でも、こういう作品って、一般にすごいって言われるから、すごいって思いこんでいるけど、実際のところどうなのかな?」
なるほど、ここは重要な問題だ。芸術において果たして“絶対”というものが存在するのか?という点。絶対的な価値基準を持っているのか、それとも、時代の中で移ろい変化する相対的な価値基準なのか?
今の段階ではこれに対して明確な答えは、自分では見つけられていない。
相対的だと思う一方で、なぜか過去のレンブラントの絵を見た時、ある普遍性を感じてしまうからだ。
絶対的なものがあるとするならば、それをひたすら追い求めていけばいいが、相対的となると、もはや単に好き嫌いで創作をしていけばいいことになる。
あなたは“”を信じますか?そんな問いと良く似た問題だ。

「DOMANI・明日」展2005

他にもこんな問題を書いてるブログを探してみよう〜

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-06 01:59 | 表現・芸術について思うこと
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

やっぱりここのとこ思うのが、どうにかしてCDの速度を落とせないものかということだ。このような機能はお店で売っている、高いソフトでは結構付属されている機能だと思うのだが、やはりもっと安く手に入らないものか?しかも、Macで使える。
そんななか、とあるソフトを発見、Amazing Slow Downer(Windows用とMac用あり)というやつだ。なんでも、まだ昨日ダウンロードしてみたばかりで、良くは理解していないのだが、CDの曲やMP3やAAC、AIFFファイルをピッチを変えずにテンポを遅くできる、いわゆる「タイムストレッチ」の機能を備えたソフトだ。
決まった箇所を繰り返しリピートしてくれる機能もあるらしいので、耳コピしたり語学の勉強にも便利で、ひねくれもののMac大学生ユーザーにはうってつけ。
しかも、のろくしたテンポのファイルも保存出来るので、iPodで持ち歩けるらしい。
そのiPodが現在、我が家にはないが。
しかし、そんなこのソフト、フリー版には制限がかかっている。CDなら最初の2トラックまで、ファイルなら4/1までしか再生できない。
完全版には44.95ドルの投資が必要!

ここで、ビンボー学生はグッと悩む。そこで次になんとしても無料のはないかと思い探してみた。
そこで、発見したのがDynamDJというフリーソフト。これはMP3等を2曲並列再生でき、それぞれの音量・再生速度等を調節可という感じで、iTunesのファイルを即いじれる。
ただ、ピッチの変化を維持することは出来ない。つまり遅くすると、ピッチが下がる。
しかし、これは相対音感、移動ド系の人にはさして問題ではない。平行移調しても、インターバルは変わらないのだから、むしろ耳の訓練になる。これなら1曲まるまる遅くできるので、ホゲレ、ホゲレやっているソロも怖いものはない。
ぜひぜひ、ただやしね。飛んでみてぇ〜。

Amazing Slow Downer
DynamDJ

ほかにも結構いろんなソフトの話題があってびっくり!

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-05 10:44 | 個人練日記
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

輝く!日本ブログ大賞 2005!!大賞...大賞...大賞!!
いいですねぇ〜この響き!ジャズ系ブログが大賞!!!
いいですねぇ〜。祭りだ祭り!!いえぃ〜!!!
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-04 10:37
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

そういえば、今日のレッスンではもう一つやっかいな課題を言われたような、、、。
循環呼吸!
できるのか?1週間で。。。
方法としては、ほおをふくらませてみる。そして、ほおをしぼませると、その圧力で息が外に押しだされる。このとき、肺や横隔膜はいっさい使わないので、鼻から息を吸うことができる。
試してみると、なるほど出来ることは出来るらしい。
だが、問題はほおをしぼませて出しただけの圧力で、リードの振動が維持できるのかという問題。これは実際やってみるしかない。
はやく練習しにいこ〜!

ほかにも循環呼吸の話題があるかも。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-03 09:38 | れっすんレポ

12キーの練習って......

サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

ジャズやっている人はだれでも一度は、12キーの練習ということは聞いたことがあると思う。だけど、ボクのように、どうも音楽的じゃなくて、なにかこのフレーズためて使うのかぁ〜なんかやだし、仕込んで待ってましたとばかりに使うのが許せない、、、なんて思ってしまう愚かものが世の中にはきっといることであろう。
うんうん、その気持ちわかるよ。でも、12キー、、、やらなきゃいけないんだなこれが。だって、いきなりF#なんて出来ますか?
そこで、ふっとある練習法を思いついた。前、ラーモン・リッカーが言っていた練習方法なんだけど、曲、ソロをすべて12キーでやる。
例えば、パーカーのBlues for Aliceをテーマ、パーカーのソロも含めすべて12キーでやる。これはしびれる!!すべて活きているソロだ。1曲でも12キーでやり遂げたなら、あなたは確実にパーカーをより理解し、前よりも数段うまくなっていることであろう。
ちなみに、ボクは今日Scrapple from the Appleのテーマを12キーでやりました。テーマだけでもしんどい。でも、いかにもフレーズな従来の12キー練習よりも、歌を歌っている気分で、実に練習が楽しい!
12キーで同等に歌えるほど、出来たら、もうどんなキーでも今までより上達しているはず。ボクたちがやるべきことは、キーにあった音を出すことじゃなく、どのキーでも歌うように吹けることだ。

ほかにもジャズ系ブログがいっぱい。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-03 01:05 | 個人練日記
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

サックスにおいて、ミドルDのフィンガリングは通常、指を小指以外全部閉じた状態であるが。その状態で、ハイDの、つまりフロントDのフィンガリングを加える。2つの音程、音色を比べてみて、差異がないように探ってみる。より差異のない状態の方が、よりよいアンブシェアの証拠である。練習前にちょっとやってみてはいかがであろうか?

ほかにもジャズ系ブログがいっぱい。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
by ko-charlie-ko | 2005-02-03 00:34 | れっすんレポ