ジャズ練習日記    ~へろへろジャズレポはリンクフリーです。~


by ko-charlie-ko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

これはこちらのサイトで紹介されていたのだけれども、なんとスタンダードの曲のMIDIデータを作成してホームページに公開しているサイトがあるらしい!!
 それはズバリココだ!!
 すばらしい!これで、スタ本の知らない曲が相当減る。ジャズやる人は一度訪れてみるべし!!いや〜正月、家でごろごろネットをするのも悪くないなあ。。。

気に入ったら↓をポチッとポチッと!!(笑)
人気blogランキングへ

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-07 01:41 | 物欲編
 最近、ブログ始めたけど、デジカメがないから写真が載せれない。デジカメほし〜。どこのがいいのか、昨日価格comの掲示板で見たら、NikonのCOOLPIX3700とコニカミノルタのDiMAGE Xgが価格的にも17000円くらいで機能的にもいいらしい。でも、機械のことはよく分かりませんなぁ。どなたか詳しい方コメントお願いいたします。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-06 16:52 | 物欲編
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 マルセル・デュシャンの展覧会が1月5日から横浜美術館ではじまったようです。
 木曜日休館
 10時から18時(金曜日〜20時)
 一般1200円
 大高生800円
 中小生400円
詳しくはこちら
概要は以下
この展覧会は、20世紀はじめの美術に大きな転機をもたらしたマルセル・デュシャン(1887−1968)の主要な作品75点と、デュシャンと向き合った世紀後半から現代までの芸術家34人による作品78点を対置し、美術とは何かを考える企画です。

 ぜひ行かなければ!!行ったら感想レポupします。

ホームへ/このサイトのトップへ
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-06 15:11 | 表現・芸術について思うこと
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 新年も始まり、今年はどのようなことを、と考えると、やっぱ自立だよなぁ〜。ウチも今年で20歳になろうとしているわけですが、去年を考えると、、、う〜ん。なんか楽器を練習してうまくなるのはいいけど、自分の飲み会代とかをいちいち足りなくなってから親にせびるのはもうやめにしたい。こんなんで、社会に出たら生きていけないよなぁ。音楽とかアートとかっていうのはさ〜それで生活できるだけの実力が生まれながらあるんなら、そりゃ世間はぐちぐち言わないよ。だけどそんなひとはいなくて、絶対下済みというか、修行期間というか、そういったモノがあるわけじゃない。お金持ちの子供さんは親がバックアップしてくれるから、いいんだろうけど、ウチの家は父親も働いてるんだか分かんない状況だ。そんな家で子供は金にならないことばっかやってるとなりゃ〜大学生のうちはいいけど、社会に出てそれは通用しない。だからほんとに芸術活動をやろうと思うなら、まず大学生のうちに試行錯誤してお金の稼ぎ方を学ばないといけない。まあ、こんなこというと多くの人たちは早くバイトしろよと言うかもしれない。しかし、一人暮らしの費用を算出すると、家賃が安くて風呂なし5万、ちょいリッチで8万。リッチがいい。食費で2万。光熱費で2万。ここまでで12万。次に飲み食い代1万5千。サックスのレッスン費が2万。交通費が5千。ここまで16万。ここに大学の学費、ウチの学費の一ヶ月あたりは7万。さて、これで23万。これで、遊び代も2万くらい追加すると25万。これくらい一ヶ月稼がないと、健康で文化的な最低限度の生活を営むのは難しいもんだ。
 これをアルバイト自給1000円で計算すると、週5で考えると朝9時から、夜6時まで、実働8時間。つまり8000円これに日数20をかけると160000円。しかも、ウチは夜に授業があるから18時から21時は授業とすると、いったいいつ練習するというのかね?しかも16万じゃ25万まで10万近い差があるじゃんか。こんな方法では練習できない、暮らしていけない。それは誰が見ても明らかだ、しかしこれを解決しないと、芸術家なんて職業を目指すなんて馬鹿げてると言われてしまうわけだ。
 だから、今年はなんとか考えます。生きていけるように、考えてみれば芸術家はこのマネーに疎いからマネーに強いやつに利用されて、ポイッとされてしまうんだ。とくに音楽業界は。大学生のうちに流通の仕組み、金がどう動いているのか、マーケティングとは、インターネットが及ぼす影響とかを理解しないと、ダメだ。いやほんとに。しかし、ブログというのはいいものだ、ウチは怠け者で、面倒くさがり屋だ。だけど、こういう公の場で発表しちゃえば、ホラでも実行しないと気まずい。見たやつからぐちぐち言われるだろうが、それをバネに頑張ろうと思います。
イエぃ〜イエぃ〜イエぃ〜。今年も頑張るぞ〜。
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-05 21:52 | 表現・芸術について思うこと
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

友達と一緒に、、、
 六本木ヒルズの森美術館では3月13日まで「アーキラボ〜建築・都市・アートの新たな実験展1950-2005」というのをやっている。これは建築現代史を把握でき、各時代の理論や実際に建てられた建築など、建築科の学生だけでなく、一般の人も「ああ〜こんなコンセプトで最新の建築は建てられているのか」ととてもおもしろいものになっている。「へ〜こんな建築9.0の地震がきたらつぶれちゃうだろう〜」と思うのもたくさんあり。現実的かどうかは二の次にしても、建築家がどのように考えて、建築と向き合っているか分かる気がする。
 欲をいえばもっと、外から見た模型だけでなく、建築内部の様子を紹介して欲しかった。ボクのもっぱら住まいに対して思うことは、外観というよりも、そこに生活したときに、意識の変革が余儀なくされるような、そんな建築を期待する。う〜ん分かりやすく言うと、建築なり絵画なりアートと呼ばれるものは、見る人にある「心的揺さぶり」をかける。この絵を見ているとなんだか心が落ち着くな、、、とか。つまり、その効果をもっといかし、住んでいるだけで、すごくリラックスするとか、明日も頑張るぞ〜とか、今の日本は危ないとか、、、笑。そんなことに注目した作品をもっと取り上げてほしかった。絶対いるはず!!
 まあ、とにかく行ってみて下さいな。学生は千円だよ。森美術館は以下。
 MORI ART MUSEUM
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-04 18:47 | 表現・芸術について思うこと
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 昨日はお台場のフジテレビ7Fにあるニューデザインパラダイスカフェに行ってきた。これは毎週木曜日の8チャン深夜24時35分 〜 25時05分にやっているニューデザインパラダイスで制作された作品を展示しているカフェなのだが、といってもボクは偶然何回か見ただけで、昨日になるまで正確な放送時間を知らなかった。で、友に誘われて行ったのだが、やっぱり期待どおり面白いものになっていた。
 たしかに、アート史上の”新しさ”というものはないのだけれども、制作者がデザイナーという職業の人だけでなく、音楽家や料理人といったさまざまな職種の人が担当しているせいか、不思議と面白い発想があらわれているところがすばらしい!!
 とってもリラックスして「こういうのあったらおもしろいじゃない?」というような感じで造っているのが、見ているこちらも何か造りたいという欲求をかき立てる。子供の発想というものなのであろうか?創造と子供というのはやっぱり興味深い。思えば創造的な人は意外と子供っぽいというのはあながちデタラメではないような気がする。
 ぜひぜひ番組の方を見てみて下さいな!次回は1月14日 0:50〜1:20、、、あれ、金曜日だぞ。う〜ん。詳しいサイトは以下。
 ニューデザインパラダイス
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-03 23:47 | 表現・芸術について思うこと
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 いや〜今月の『美術手帖』はなんと「プロが読んでる美術の本27テーマ300冊」というテーマだ。すばらしい!!普段やっぱり自分のかかわっているテーマはある程度詳しいものだが、他のテーマにかんしてはどこから調べたらいいのか、何の書籍を読んだらいいのかわからないことは良くあることだ。それをテーマ、テーマの著名な専門家がおすすめする手に入りやすい書籍を紹介しているので、かなり信頼度の高い情報といえよう。
 実際、ボクも6冊ほど購入してみたが、他のテーマを読むことで、自分の関係しているテーマをより深く理解する手助けになってくれることは間違いないことだ。このサイトでも随時書籍レポを紹介していこうと思う。ぜひぜひ今月の『美術手帖』をどうぞ。
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2005-01-03 13:15 | おすすめ書籍
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 今日、久しぶりに表参道のアニウ゛ェルセル表参道でシャガールを見てきた。ボクはこういった絵画を説明するだけの語彙をもっていないため、文章にするといささか誤差が生じるとおもうのだが、まあまあまあ気にせずに!
 ボクは個人的にシャガールという人は大好きだ。なぜと言われると、、、う〜んなぜだろう。とにかく初めてシャガールを見たときはもう、、、なんとも言えないかんじだった。う〜んとりあえず絵画ってこんなにいいものなのかと思った。それくらいシャガールの絵には不思議な力が宿っていると思う。なんというのか、シャガールの絵は見ると、自分の中のどこか「氷みたいな物」が融けていく感触がある。それはボクの陳家な語彙では表現しきれないが、しいて言うなら自分の負の感情「妬み」「焦り」「暴力的な何か」「悲しみ」とか、、、うんよく分からないけど、そういうものが融けていく感触に見舞われ、ああ明日も頑張ろうと思ってしまいそうな感じ、、。
 それは、一般的にシャガールの絵の解説に使われる「愛」とか「希望」とかの感情が自分の中でくすぶり始めるという感じかなぁ〜ちょっと語彙が足らない、そんな陳家な2・3文字で表せるものではない気がするが。
 シャガールはその作品を見てみると、なにより本当にこの人は絵を書きたくて書きたくてしょうがない、、、う〜んちょっと違うかな、、、自分が思ったことを表現したくてしたくてしょうがないのかなと思わせるとこがある。今まで見てきた芸術作品(音楽表現を含め)の中にこういうのがどれだけあったかと思い返してみると、指5本も必要ないのではないかと思う。だれかと言えば、う〜ん、系統は全然違うし、主張も対象の位置にいる日本のフリージャズの「阿部薫」がなぜか頭によぎる。彼はシャガールとは対象に「死」の香りがぷんぷんするが、何か表現しようとする感情が飽和状態に達して、空間の裂け目から漏れてくる印象がある、、、う〜ん、どうも言葉は難しい。なんて、まあこれはこの辺にして。
 シャガールは非常に色彩が豊だなぁ。やはり、「感情」「場の空気」が色彩と関係をもっていることは、音楽を含め芸術諸々にも多くの表現において考えさせる余地を与えてくれるであろうと思う。
 なんだか眠いなぁ。寝ます。
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2004-12-30 02:54 | 表現・芸術について思うこと

12月29日の個人練

サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 今日は練習の終わりにセッションがあった。曲はあんまし知らないやつだったのだが、珍しく先輩に「いい」といわれた。知っている曲は褒められなかったが、その知らない曲のソロはいいという。ふむ、なぜだろう。おそらく、知らない曲だから、メロディーをフェイクし、コードに忠実に吹き、モチーフとかも使った。でも良かったと思ったのはコードトーンを使ってメロディーを構築したことだ。やはり、コード感というのは非常に重要なのだと思った。パーカーのソロはあんなにいろんな音が入っているのにコード感が消えていない。やはり今後はコード感をしっかり保ちつつ、コードトーンを中心とした「歌」をソロでできるように頑張ろう。
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2004-12-29 00:34 | 個人練日記
サイト移転しました!新しいサイトは以下
へろへろジャズレポ(Ver.2.0)

 ニコス・スタンゴス編の『20世紀美術』という本を読み始めた。早速一節を。
「ウ゛ラマンクは後に振り返って、次のように書いている。
  
 私の情熱が、あらゆる種類の自由を手にすることを許した。私は伝統的な絵画の手法に従いたくなかった。習慣や現在の生活を改革したかった。〜ただ、私自身の目を通して見る新しい世界、完全に私のものである世界を再創造しようという、非常に強い衝動を感じていた。ーP,15ー」

 う〜む、音楽でもそれを思ったことが何度あったか!う〜んでもまだ考え中!
[PR]
# by ko-charlie-ko | 2004-12-28 00:35 | おすすめ書籍